リスティング広告運用代行

リスティング広告とアクセス解析による検証改善

編集する

リスティング広告とアクセス解析による検証改善

リスティング広告によって出稿したキーワードを経由して、リンク先に設定したランディングページを訪問したユーザーのアクセスログを解析することで、キーワードごとの効果検証を行っていきます。

基本的な検証としては、ランディングページでの直帰率に問題は無いか、必要滞在時間は確保できているかといったポイントを把握することと、成果を上げているキーワードの把握、成果を上げる可能性のあるキーワードを把握した上で、キーワードの掲載順位を調整していきます。成果を上げる可能性が薄いのに、広告出稿費を多く消化すると判断されるキーワードに対しては出稿の停止を検討します。

成果を上げるキーワードの把握

アクセス解析画面

リスティング広告によって出稿したキーワードのうち、成果を上げているキーワードを把握していきます。成果を上げるキーワードは上位に掲載するようにクリック単価を調整し、成果件数を増やしながらリスティング広告アカウント全体の広告効果が高まるように運用管理していきます。

また、思いもよらないキーワードがサイトに成果をもたらしてくれることが往々にしてあります。そのようなキーワードを初期のアカウントを作成する際に予測することは困難であるため、アクセスログデータを検証することによって見つけ出します。これらのキーワードをリスティング広告のアカウントに追加し、上位に掲載できるよう入札することで高いパフォーマンスを発揮することがあります。

成果を上げる可能性のあるキーワードの把握

リスティング広告によって出稿したキーワードのうち、成果を上げる可能性のあるキーワードを把握していきます。サイトで設定した目標を達成したかどうかだけでなく、その目標を達成するために必要なアクションを中間目標として設定しておくことで、中間目標は達成することが出来ている成果を上げる可能性のあるキーワードをニーズ別に分類し、把握するようにします。

これらのニーズにこたえることが出来るようランディングページのコンテンツを改善、あるいはあらたなページを追加することで、運用サイト全体の掲載コンテンツを、よりターゲットユーザーのニーズを満たすことができるように成長させていくことが可能です。

ランディングページの改善、追加

リスティング広告の品質を高めていくうえで、リンク先に設定したランディングページのコンテンツ内容が重要視される傾向が強くなっています。アドワーズでは、品質スコアを決定する3大要素のひとつが「リンク先ページの品質」と公表しています。Yahoo!プロモーション広告(旧Yahoo!リスティング広告)も公表はしていませんが、リンク先ページの品質が大切であることは認めています。

いずれにせよ、リスティング広告によって集客したターゲットを成果に結びつけることが出来るかどうかは、リンク先のランディングページの内容に関わっています。いくら効率的に集客できたとしても、リンク先ページがユーザーのニーズを満たすのに十分でなければ、ユーザーはただ立ち去っていくだけでしょうから。せっかく広告費用を掛けて集客するわけですから、効果検証はしっかりと行っていく必要があります。

東京:03-6438-1830 大阪:06-6534-7800
お見積もりフォームへ お問い合わせフォームへ
pagetop